偽物の薬を取り扱う危険な個人輸入ショップに注意しましょう

配合されている成分が表示や本物と異なることもあります

価格や病院に通わなくても処方箋がなくても手に入れることができるというメリットだけではなく危険も個人輸入には付きまとう事も忘れてはいけません。

一歩間違えれば命を落とすことになりかねない事態を招く可能性も充分にあるのです。

実際に杜撰な管理下の元日雇い労働者が衛生的にも安全面でも不確かな工場で日本に売る薬を製造しているという事実もあります。

外側の紙のパッケージはそっくりに印刷をして中身だけ変更するのは朝飯前ですし、これが中国や東南アジアなどでは個人輸入の薬の偽物が市場の末端では氾濫していると言ってもいいでしょう。

そのようなものを間違えて購入してしまった場合は効き目がないどころか、体調が悪化してしまったり、副作用の症状が出てしまったりと注意すべき問題ばかりです。

これは確かにコンプレックスや悩みを解消するためのサプリ等は病院に行って誰かにどうしてもばれたり、知られたくない、または、このように自分だけですぐにでも解決したいタイプのものです。

しかし心臓病などで健康を悪化させてしまっては意味がありません。

真剣に向き合っていくにはやはり病院で診察を受けるという選択肢が現段階ではベストです。

ここで自己判断で勘に頼ってセレクトしていくよりも偽物の存在も含めてコンディションの維持や毎日のケアなども含めて、これから治療できる回復に向かう可能性もそのチョイスが確実に高いという事ができるのではないでしょうか。

危険 ダイエット

個人輸入の薬がかなりの高い確率で偽物であるとされている理由は?

バイアグラやプロペシアなどの話題商品も

一般的には信頼できる大手の個人輸入の業者の場合は正真正銘の本物であることがほとんどです。

確率的にはかなり低いという事が現段階では出来るのではないでしょうか。

しかし個人輸入の薬の口コミやインターネットだけでなく、これが世論的な風潮を纏めると偽物と判断する場合がほとんどです。

考えられる原因としては同じ成分を使用して違う会社が生産しているジェネリックも同じ括りになってしまっているのではないでしょうか。

例えばED治療の薬や育毛剤の売れ筋商品には、一つにたいして、基本は2,3種類が存在するのが現実的です。

一番メジャーなバイアグラですとカマグラゴールドやバリフ、シアリスですとメガリスやタダリスと類似品が存在します。

ここでは値段は相場より安いですが主成分としては変わらないものとなっています。

理由としては薬の製造メーカーの思惑なのか、これはまだ消費者に浸透していないことが原因なのかは判断できませんが、世論的には製造国に関わらず偽物と独自に判断されてしまっている風潮が日本では強いようです。

もちろんこれ等を手に入れる際は最初は病院で本物を処方して貰うのが一番です。

東南アジアからの個人輸入は二番目の選択肢になるわけですが、その中でもコストの面で削減や節約したいケースなどに選択されることが多いようです。

値段が極端に高いことや、安全性など重要視するトピックがお客様それぞれの注意すべき判断になっています。

育毛剤 低用量ピル

店舗とは異なりパッケージも自宅に届かなければ偽物か判断できない

写真と段ボールで配達されたものが異なることもある

注意しなくてはいけないのは返品が出来ない不可能だったり、交換などができない個人輸入をする代行の薬のショップです。

薬が偽物やコピー、求めているものと違ったというクレームや抗議をしても製造国が異なれば取り合ってくれない所もあります。

そういったサイトは連絡先が電話番号もメールアドレスも記載されていなかったり、海外であるケースがほとんどですが、しかしこれが、また日本には会社がどこにも実在しない時もあります。

今後もインターネット上では沢山の企業が参入してきますので、特に大手のamazonや外資系有名企業、国内でも楽天などの評価のあるポイントが使用できるショッピングモールなどでも取り扱っていない分類の薬には警戒しなくてはいけません。

万が一、衝動買いでオーダーしてしまった際には絶対に摂取しないように気を付けなくてはいけません。

成分や原材料が本当に表示されているものと一緒かどうか、配合の比率などは一般のあまり知識のないお客様には判断しようがありません。

100%偽物をお金を払って購入しないようにするためにはやはり安心できる病院で処方して貰うのが一番でしょう。

そうでなければ運営年数の長い老舗と呼ばれるような知名度の高い個人輸入の薬のお店をセレクトしましょう。

口に含むものですのでそれ以外は全て怪しいと警戒しても損をすることはないのではないでしょうか。

一番大切なのは健康や体調を維持する事であることを値段や便利さや求めやすさではなくもう一度、改めてチェックし確認しましょう。

評判