個人輸入 薬

本当に安全?オンライン個人輸入で薬を通販する際の注意

ダイエット脂肪燃焼、食欲抑制系

ダイエット

育毛剤やAGA対策ケア用品

育毛剤

女性用避妊の薬、低用量ピル

低用量ピル

ED治療バイアグラやシアリス

ED治療薬


日本では買えない海外の売れ筋アイテムの薬やサプリを個人輸入

海外コスメや禁煙する薬も通販で簡単にGET可能

オンラインの個人輸入では駅前や繁華街にあるドラッグストアでは置いていないアイテムを見つけることが出来ます。

逆に言えば、それ以外はマツモトキヨシやコスモス、HACなどの量販店やスーパーで探したほうがポイントも付いてお得です。

むしろ、そういった店舗に置かれている薬の法律に違反していないサプリメントやドリンクなどはインターネットでオーダーするメリットは便利さや持ち運び以外は制限など特にないといっていいでしょう。

法律や様々な理由で日本では販売されていないもの、病院で医師の診断の元、処方箋を出して貰って備え付けのドラッグストアで手にする流れしか違法なものを探すには適しています。

良い意味でも悪い要素でも世間的に認知されている、浸透しているED治療のバイアグラや低用量ピルや煙草を辞めるサポートをするチャンピックス、または睡眠導入剤のデパスなどは、こういった種類の代表といっても過言ではないでしょう。

また女性ではコスメなどを個人輸入ランキングから選んで代行してインポートしているお客様も多く見られます。

まつげ美容液や美白化粧水、シミ対策やステロイド剤やアトピー、アレルギーのジェルや塗るクリームなども医薬品の売れ筋となっています。

つまりダイエット系ではゼニカルを代表とする脂肪燃焼系だけでなくザントレックス系の所謂、食欲抑制や宿便などのケアができるサプリは安定した売り上げ数を誇っています。

いずれも、これは比較的一般的には普通には買うことが難しいもので個人輸入でしか注文できない商品もあります。

このように安全面で絶対に注意しなくてはいけないような不可欠なグッズも有ります。

危険

個人輸入で薬を注文する際の初心者への注意点と安全な代行業者

代行業者は低価格ではなく安全面で選ぶ

いくら安くても偽者やコピーでは意味がありません。継続して服用すれば危険なだけです。

そういった意味を考えるとしっかりとメーカーの純正品を取り扱っているサイトをチョイスしましょう。

間違っても相場の半額でお得な割引をしているから、最安値でセールやキャンペーンをしているからなどの安易な理由で薬の個人輸入はしてはいけません。

特に無知な初心者はそういった誤った判断をしてしまいがちですので注意点とし警戒しなくてはいけないのです。

バイアグラは巨大企業ファイザー社によればインターネット上で買い付けができるランキング掲載の上位の商品はかなりの高い確率で違法な偽物だといっているくらいです。

もちろん後発薬のジェネリックの安価なカマグラゴールドなどの存在もあります。

ですからそれに伴って消費者の被害報告を鵜呑みにする必要もありません。

しかし個人輸入の薬を注文する際ではなく事前に確認しておくことが大切です。

現状、国内には大手と業界内で呼ばれる医薬品会社は5社程度しか存在しません。

解禁時期に向けて今後どうなっていくかは判断は難しい問題ですが、結局はこれらの知名度の高いところでは確実に欲しいものを制限がありますがオーダーすることが出来るでしょう。

逆に見つからない場合は専門の病院という選択肢しか残されていません。

それ以外はチョイスからこの段階で外してしまっても問題はないでしょう。

比較しなくてはいけないのは薬の個人輸入の簡単さや手軽さや表示されている状態の価格ではなく、基準は確実に本物を取り扱う信頼できる代行業者であることが最低条件です。

偽物

コンプレックスや悩み解消系の薬は個人輸入で高い売り上げ数です

EDや薄毛、バストアップやダイエット関連の未承認の薬

誰にも知られたくない、恥ずかしいネガティブな部分をこっそりと解消、改善したいと考えて個人輸入で注文をするためにこれらのジャンルの商品は高い売り上げ数を誇っています。

他にも筋肉増強剤や低用量ピル、精力、滋養強壮系のサプリなどがランキングでも上位となっています。

もちろんこれらは病院やクリニックに行くことでより安全性の高いものを診察費や交通費、時間や手間は掛かってしまいますがインポートの制限の範囲で買い付けが可能です。

しかし、それさえも嫌悪感があるという割合が高い、自分だけに留めておきたいというパターンが良く見られます。

インターネットの2ch掲示板などで検索し専門的な名称を学びましょう。

オンラインで代行するというラインが比較すると一般的です。

非常に便利でスピーディーですが徹底したセキュリティの安全面や医薬品による副作用の問題で危険も付きまといます。

免疫が落ちて体調が悪化したときや万が一の思いがけない悪い症状が出たときのアフターケアなども考えなくてはいけません。

薬剤師の説明を受けていないため間違った方法で摂取してしまうと当然割合に比例して事故も起こりやすいのです。

過去に試した経験がない成分はどんなジャンルでも選ぶときは違法になる個人輸入は避けるようにしましょう。

ネットの意見や口コミ情報などはあまり簡単に鵜呑みにはせず参考にはならないことを把握しておかなければいけません。

評判

オンラインだけでなく個人輸入が禁止されている薬とその危険性

覚せい剤や医療用大麻などは日本では禁止

厚生労働省の薬の個人輸入についてのページへ

これは覚せい剤、大麻取締法で定められているため違反すれば罰金や禁固として処罰されます。

その他には精神安定させる薬やワシントン条約の法律に抵触する原料もあります。

一般的にはこれらを自宅に届けてくれるどころか手にするルートを見つけるのは難しいといわれています。

インターネットでも大っぴらには取引はされていません。

もちろんランキングで個人輸入代行業者でもこれらの品目を取り扱っている会社は取締りが厳しくリスクも大きいため存在しないでしょう。

しかし近年ではtwitterやFacebookなどのSNSや2ちゃんねるなどの掲示板などで隠語を使ってWEBのオンラインで売買をしているというニュースも頻出しています。

悪質な事件や犯罪に巻き込まれないようにするには根本トライしないことが一番安全です。

また医薬品や医療機器であっても量が制限されていますので注意しなくてはいけません。

あまり知られていませんが妊娠検査キットや使い捨てコンタクトレンズ、生理用タンポンなどもこのカテゴリーに分類され二か月分以内と制限が決まっています。

ほとんどのケースで個人輸入の代行業者で違法になってしまうため数量を選ぶ際にオーダーできないようなシステムになっています。

逆にそのようなリミットが設けられていない会社で注文することは比較的簡単ではなくリスクが残念ながら伴うでしょう。

インターネットでの薬の個人輸入のデメリットやリスクと問題点

見分けることが不可能な偽物やコピーが氾濫

実際に欲しい薬や商品はインターネットのオンラインの個人輸入で見つけることが可能ですが、便利な反面で制限に関する問題点やデメリットとなる部分も沢山有ります。

やはりジェネリックでもない本物そっくりに作られた話題のアイテムがランキングで溢れていることです。

特に需要があるバイアグラやシアリスなどのED治療やプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療系や育毛剤はグッズ注文の数も多くカオス状態です。

純正品を持っているお客様でも、経験者でも届いたものの区別が難しいほど精巧に作られています。

箱やパッケージのデザインだけでは簡単にはわからないと言えるでしょう。

中国や東南アジア、中央アフリカなどで生産される内容が異なるフェイクは個人輸入代行によって医薬品が日本に大量にインポートされてきます。

価格が市場の相場より明らかに安いケースは判断が付きやすく、完全に違法です。

そうでないパターンでは箱を開封してみなければわかりません。

少しでも気になる点があったり、または怪しい箇所を見つけたら、これを絶対に塗布したり服用するのは危険ですので辞めましょう。

成分が表示と異なるだけでなく根本的に衛生管理が出来ていない不潔な工場で製造されているものですので体調を壊すリスクがあるだけでなく安全でなく、命に関わる問題となります。

選ぶ際はコストではなく比較するべきは安心できる違法でない薬を求めるお客様は間違いなく病院で医師に診察を受け処方箋を出して貰うチョイスがベストといえるでしょう。